あなたはきちんととれている?良い睡眠とは

何度も目が覚めるのは眠りが浅い証拠です

寝たつもりでも、翌朝なんだか起きるのが辛かったり疲れが取れていないように感じたりすることはありませんか?
そんな人は、実は眠りの質が悪いのかもしれません。
例えば睡眠中に何度も目が覚めてしまうのは、眠りが浅い証拠です。一度目が覚めてから、数時間寝付けないという人もいるのではないでしょうか。
夜中に覚醒する原因には、物音や部屋の温度、頻尿やストレスなどが挙げられます。暑さや寒さの調節やテレビを消して寝ることなどで、夜中の覚醒を改善できることもあります。頻尿は何かほかの病気が隠れている場合もあるので、あまりひどいようなら医師に相談しましょう。何か心配事やストレスが溜まっているときも、眠りは浅くなります。寝る前は気持ちをリラックスさせるために、ホットミルクなどを飲むのも良いですし、イライラしているときはお香を焚く方法もあります。
また睡眠サプリを利用してみるのもひとつですね。

いびきや歯ぎしりは大丈夫?

いびきをかいたり歯ぎしりをしたりすると、眠りの質が落ちてしまいます。それだけでなく、睡眠時無呼吸症候群の場合は時には死に至ることもあるのです。
眠りが浅いと感じる人は、いびきや歯ぎしりは大丈夫か家族に聞いてみましょう。一人暮らしの場合は、いびきをチェックできるアプリなどもあるので、試してみるのも良いですね。
睡眠時無呼吸症候群は治療をしなければいけませんが、それ以外にもストレスや飲酒などが原因でいびきをかくこともあります。歯ぎしりも、日中のイライラが関係しているケースが見られます。
まずは自分のいびきや歯ぎしりの原因を知ることが大切です。過度の飲酒など見直すべき点は改善すると共に、睡眠サプリで眠りの質を上げていきましょう。
ぐっすり眠って気持ち良く元気に起きたいものですね。

グリシンとは栄養素の一つで、エビや貝などの魚介類にたくさん含まれています。これらを食べた時に甘く感じるのは、グリシンに由来しているからです。

© Copyright Get Some Sleep. All Rights Reserved.